「ストレスが原因の肌荒れが治らない!」こんな方のための解消方法です。

現代社会では人間関係の悩みや経済的な悩みなどの社会的なストレスが多い時代ですが、この他にも季節による暑さや寒さ、近隣から出る騒音などもストレスとなりえます。

 

ストレスにより下痢や胃痛、生理不順などの様々な不調が起こることは広く知られています。加えてストレスにより活性酸素が発生することで肌老化が進む、免疫力が低下することによりニキビができやすくなることもあります。

 

そこでここではストレスによる肌荒れ解消のキーワードとなる睡眠、食事、運動それぞれのポイントについて説明します。

 

最も美肌への早道となる睡眠について

十分な睡眠をとることで心身の疲れが取れストレスが解消されることに加え、夜眠っている間に成長ホルモンが分泌されることにより肌をはじめ体全体が修復されます。
この時にかかる時間は最低でも6時間とされ、睡眠時間がこれに満たないと誰もが肌荒れを起こしやすくなります。

 

深くて質の良い睡眠をとるためには
  • 就寝時に携帯電話をオフにしてブルーライトを避ける
  • 睡眠を安定させるメラトニンの分泌を促すため照明は消す
  • 就寝前の午後8時以降は喉が渇いたらハーブティーのようなノンカフェインの飲み物を飲む
  • リラックス効果のあるアロマオイルを取り入れる

ということが挙げられます。
更に十分な成長ホルモンを分泌させるには遅くとも午前0時から0時半までに寝るようにします。

 

肌を作るためのバランスの良い食事とは

美容に良い栄養素といえばビタミンCで、ヘルシーな食事といえば野菜がメインの食事というイメージがあります。
しかしながら、それだけでなく肌そのものを作るにはタンパク質が、肌の潤いを保つにはビタミンAが不可欠です。

ビタミンCを多く含む食材

イチゴ、ピーマン、ブロッコリーなどの野菜や果物

 

タンパク質を多く含む食材

肉や魚、卵などの動物性の食材

 

ビタミンAを多く含む食材

人参、ほうれん草、レバー、牛乳などの緑黄色野菜や動物性の食材

 

上記が代表的な食材として挙げられます。
これらをバランスよく摂取することで各種の栄養素が上手く利用されるようになります。

 

ストレス解消につながる運動について

運動というとダイエットや生活習慣病予防のイメージがありますが、ストレス解消にも有効です。
ストレス解消には無理なく続けられるものや自分の好きな運動が適していますが、運動の種類は大まかに以下の3つに分類され、それぞれに美容と健康によい効能があります。

 

有酸素運動:ウォーキング、ランニング、水泳など

脂肪燃焼や持久力アップ

 

無酸素運動:短距離走や筋トレなど

筋力アップ、成長ホルモンの分泌

 

○ストレッチ:柔軟体操やヨガなど

血行促進、疲労回復、リラックス効果
全く運動をしていなくとも少しでも運動する習慣を取り入れることで血流が良くなり、熟睡できるようになるためストレスによる肌荒れ解消につながります。

 

まとめ

ストレスはなくそうと思ってもなかなかなくせないものです。
このため体を動かしてストレスを発散し、きちんとした食事と十分な睡眠を取ることでストレスを和らげます。